ホーム  > 診療メニュー  >  入れ歯

入れ歯

歯を失ったら補う事が大切です

虫歯や歯周病といったトラブルや事故などによって歯を失ってしまった場合、特に奥歯のように目立たない箇所では「治療が面倒だから」といってそのままにされる方がいます。それが1本であっても、ぽっかり空いたスペースをそのままにすることは、口腔内環境のトラブルを招く原因になりかねません。

歯を失ったスペースが空いていると…

  • お口のケアがしにくくなり、虫歯や歯周病を招きやすい
  • 隣り合った歯が倒れ込んできてしまい、歯並びが乱れることがある
  • 失った歯と噛み合っていた歯が伸びてくることがある
  • 噛み合わせが乱れ、それによって身体が歪み、肩こりや顎関節症を招きやすい
歯を失ったスペース

上のように、歯を失くしたままにしておくことは、様々なトラブルを招く原因となります。1本でも歯を失ってしまったら、歯を補って機能を回復させる補綴(ほてつ)治療を受けましょう。当院はで、補綴(ほてつ)治療の中でも歴史的に長く、現在でも多くの方が利用される「入れ歯」をおすすめしています。

入れ歯が合わない、痛い、こんな我慢をしていませんか?

口腔内環境は常に変化していますので、はじめはお口に合わせて作られた入れ歯でも、時間とともにズレ、痛みが生じ、うまく噛めなくなってしまうことがあります。そのような違和感があった場合、仕方ないと諦めずに一度当院へご相談ください。新しい入れ歯を作ることはもちろん、入れ歯の調整や修復もしております。

こんなお悩みやご要望がある方は当院へご相談ください

  • 入れ歯で噛んだときに、痛い
  • 入れ歯でしっかり噛めない
  • 食感や温度を楽しめる入れ歯が欲しい
  • 入れ歯で噛んだときに口が痛い
  • もっと品質の良い入れ歯が欲しい
  • 入れ歯が壊れてしまったので、使ってない

保険と自費の素材の違い

保険内でも自費でも入れ歯は作れますが、当院では保険内の入れ歯であっても患者様のご満足のいくものをお作りする自信があるため、自費での入れ歯をあまりおすすめしていません。しかし、患者様のご要望を尊重し、自費で作る入れ歯の方が最適という場合もあります。

保険適用入れ歯 自費の入れ歯
特徴 使える素材が限定されているため、目的が最低限の機能回復にとどめられる 素材や構造を豊富な種類の中から選択でき、より機能性・審美性を追求できる
審美性 入れ歯と解りやすい 自然な見た目で入れ歯と解りにくい
機能性 普通に噛めるが強く噛めない しっかり噛める
その他 素材の耐久性から、床部分が厚めになるものもあり、その場合熱を伝えにくく、温度・味覚の面で劣る 床部分が薄いもの、バネ(留め金)のないものなどもある

Copyright © 2014-2017 Nakameguro Dental Clinic. All Rights Reserved.

PAGE TOP