インプラント

インプラントとは

失った歯の代わりにインプラント体(人工歯根)を埋入し、歯を新しく作る血量です。ブリッジや入れ歯のように、隣の歯に負担をかけることない上に、天然歯に限りなく近い強さで噛むことが出来ます。

インプラントはこのような方にオススメの治療です。

  • 抜歯を余儀なくされてしまった方
  • 入れ歯が合わなくてお困りの方
  • 隣の健康な歯を削りたくない方
  • 抜けた歯をそのままにしている方

このような方にインプラントは適していると言えます。

当院ではシミュレーションを行います。

当院ではCT撮影後、より正確な治療を行なうために3Dシミュレーションを行います。
当院の3Dシミュレーションは、神経の場所やどこにどのようにインプラントを埋入するべきか、セレックを選択される場合は上部構造までイメージすることが出来ます。このようなシミュレーションが安全なインプラント治療を可能にしています。

インプラントの流れ

  1. 問診、CT撮影、写真分析
    治療に対しての不安な点を解决していくとともに、患者様の口腔内の状況を正しくお伝えしていきます。
  2. 治療計画コンサルテーション
    シミュレーションを行い、患者様同席のもと治療計画を立てます。具体的な治療方法や治療にかかる期間、費用やリスクについてもきちんとご説明致します。患者様ご不明な点や不安なことなどがありましたら、ご納得されるまでご相談下さい。
  3. 術前治療(2〜3回かかることがあります)
    インプラント治療を行なうにあたり、必須な治療を行います。インプラント埋入時にあるリスク(感染リスク)などを最小限に抑えるためにも重要なステップです。
  4. インプラント埋入手術(1次手術と言います)
    インプラントを埋入し、埋入した歯肉を閉じる手術を行います。
  5. 治癒期間
    骨とインプラントが結合するのを待ちます。埋入部分に負担をかけないように、治療用の仮歯や入れ歯を入れることもあります。
  6. 2次手術(上部構造を取り付けるための準備を行ないます)。
    型取りを行ない、上部構造をどの素材にするかを決定します
    技工物が出来上がったあと、セットを行ない、手術は終了です。

インプラント治療終了後

インプラント治療を行なったあと、継続的なメインテナンスに移行していきます。インプラントを入れたら終わりではなく、インプラント周囲炎(歯周病のような病気)のリスクがあります。折角埋入したインプラントを長持ちさせるためにも継続なメインテナンスを行ないましょう。